過去記事:はねまがVol.6

更新日:

■『HANEMAI MAGAZINE』通称『はねまが』は

 【 読んでいただいているすべての人を応援しよう  】

 というコンセプトのもと配信されているメールマガジンです。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



|| <久遠寺蒼の呟き>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


■こんにちは、久遠寺です。

 本当は先週中に、
 お送りしようと思っていたのですが、
 予期せぬ予定が急に入ったりしたもので、
 本日になってしまいました。

 予定はあって無いようなものかも……
 と思った今日この頃でした。




|| <今回のトピック>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 ◎ずれた論点は、実は有効である



:----------------------------------------------------------:
   ◎ずれた論点は、実は有効である
:----------------------------------------------------------:



■今、はねまがを読まれている方に質問します。


 貴方は今、一丁の拳銃を渡されました。
 そして『一発で俺を殺せ』と言われ、
 やむなく撃つことになりました。

 貴方はどこを狙いますか?
 おそらく頭か心臓だと思います。


 頭と心臓、どちらを狙いますか?























◇頭と答えた方に聞きます。
 頭を撃つことは、
 つまり脳死を意味します。

 しかし体は無傷のまま。
 動かそうと思えば動かせます。


 脳死は人間の死なのでしょうか?


◇心臓と答えた方に聞きます。
 心臓を撃つことは、
 つまり肉体の死を意味します。

 しかし脳は無傷のまま。
 その人の知識や経験を生かそうとできるかもしれません。


 それは、人間の死なのでしょうか?


■これは、『生と死から学ぶ』という本を著された、
 鈴木康明先生の言葉です。



 私たちの感覚から言えば、
 どちらもつまり死になります。


◇そこで先生は言いました。


『じゃあ、
 脳が使えないという状態を死と言うならば、
 精神病患者や植物人間の人も
 死んでいるということなのか』

『じゃあ、
 体が使えないという状態を死と言うならば、
 全身麻痺の人も
 死んでいるということなのか』


◇いや違う、と誰もが思うでしょう。
 私もそれはちょっとずれている、と考えました。


 しかし、含蓄している意味は、
 ある部分において同じなのです。



『生きているか死んでいるかではなくて、
 その状態によって、
 人は生きている、死んでいる、と表現する。

 生命活動の有無だけが、
 果たして生きている死んでいると
 決定する基準なのだろうか』


 先生はこう問い、
 そして考えさせました。



■実は、この論点が少しずれているな、
 と思う考え方が、重要なのです。


 皆さんは、
 上のような考え方をしたことがありますか?


  ・精神病の人は生きている、

  ・脳死の人は死んでいる、

 と決めつけていませんか?


 動いている、動いていないの違いだけで、
 他の可能性を否定していませんか?


 改めて考えると、
 身近な現象などで、
 一般的な考え方に囚われていることが、
 多いような気がします。


◇そして、潔癖症の人も、
 また多いような気がします。


 誰もが、
 そんな考え方はおかしいよと嘲笑したり、
 話がかみ合わないと忌み嫌うことを、
 はじめから撥ね退けているように思います。


◇もちろん、
 それをコミュニケーションの場で、
 口に出して主張するのはどうかと思います。
 EQを疑ってしまいますよね。


 ただ、
 『考えること』まで否定する必要が、
 果たしてあるのでしょうか?


 おそらく、
 無いと思います。


◇無駄と思える可能性や考え方をまず考えて、
 その上で改めて消す、
 というのは、
 物事を考える上で役に立つと思います。


 そんな時間は無いよ、
 と思う人もいるでしょう。

 しかし、
 頭に思い浮かべて消すことに、
 いったいどれほどの時間を要するでしょう。

 といっても、時間は有限です。

 ちょっとでいいのです。
 たまにでいいのです。


 時々でいいので、
 そんな無駄に思えるような考えを、
 少しだけ頭をよぎらせてください。


 そうすると視野も広がりますし、
 気づかなかった点も、
 気づきやすくなるのではないでしょうか。


 ずれた論点、ずれた考え方。
 少し考えるだけで、
 いろいろ世界が変わってくると思いますよ。

RSSにご登録ください

RSS Feed RSS - 投稿

-雑記

Copyright© 【羽根の舞う空】サウンドノベル(ビジュアルノベル)とオリジナル小説 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.