過去記事:はねまがVol.15

更新日:

■『HANEMAI MAGAZINE』通称『はねまが』は

【 読んでいただいているすべての人を応援しよう 】

というコンセプトのもと配信されているメールマガジンです。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

|| <久遠寺蒼の呟き>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■こんにちは、久遠寺です。

不定期連載もとうとう15回を迎えました。
実に1年と9か月が経っていますが(笑)

これからものんびりとマイペースに配信してゆきますので、
お付き合いくださいませ。

|| <今回のトピック>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

○美しい言葉を持つサイト、見つけました!
○新作サウンドノベル情報

:----------------------------------------------------------:
○美しい言葉を持つサイト、見つけました!
:----------------------------------------------------------:

サイトURL:http://marriage-gift.com/
(PCよりご覧ください)

■先日サイトを見てまわっておりましたら、
とても言葉が美しいサイトを見つけましたので
ご紹介いたします。

結婚祝いのプレゼントの通販のサイトのようです。

■美しいと思った言葉はどれか?

それは、ページ毎にあるメイン画像に挿入されている
キャッチコピーだったりします。

(個人的には、
TOPにある6つの商品の紹介文も美しいと思います)

私が一番好きなのは、TOPのメイン画像にある、
「ちょっと照れくさいけれど、
ありったけの『おめでとう』を伝えます」
の一文だったりします。

■結婚祝いをプレゼントする、というシチュエーションにおいて
ちょっぴり照れくさくて、でも言いたい「おめでとう」。

そんな甘ずっぱいというか、
ほんのりと優しくなれるというか。

結婚祝いをあげたいなと思っている人ならば、
きっと「おっ」と心に響くのではないでしょうか?

■なんでこれが美しいのかなって思った時。
それは自分のニーズやシチュエーションに、
綺麗に折り重なって、
そこに自分の心が反映されているからではないでしょうか?

私はそう思います。
あると思います! (どっかのお笑い芸人風味★)

■そこから考えると、
キャッチコピーってすごく大事な役目をはたしているんだなっと
しみじみと思ってしまいます。

私自身、サウンドノベルの紹介コピーでいつも悩むのですが(笑)

どんなことに気を遣ってコピーをつくればいいんだろう?

おそらくではありますが、
プレイする人、見てくれた人がどんな人で、
その人たちが求めているのはどういうことで、
それに訴えかけられる言葉はどんなものなのか。

それを一番に気をつけてみるといいのかもしれません。

■よく、自分よがりで
「この言葉、かっこいいからコピーにしちゃおう!」
「私の小説はこういう内容だからこんなタイトルにしよう!」

と思って安易にコピーをつくっている人がいる気がします。

前、すごくびっくりしたことがありまして。

あるWeb小説なのですが、
タイトルに「涙があるから元気になれる」
みたいな感じのタイトルがついていたんですね。

「お、なんか別れがあってでも前向きにいこうとする
登場人物でもいるのかな?」
なんて思ったわけです。

フタをあけてみれば、どっこいどっこい。
涙について主人公がコラムのように語って、
涙というものにはこういう成分が含まれていて、
こういう作用を引き起こすから結果として前向きになれる。

……そんな内容。

うぉぃ!!!

■この場合、どんなことがあったのかというと、
その言葉(もしくは単語の並び)と、
見る人のニーズ(もしくは連想された内容)が
極端にかけ離れていた場合ですね。

もちろん、それは大いに良いことだと思います。

それで、読者が満足するのならば。

吉野家のうんたらではありませんが、
そのようなキャッチコピーは諸刃の剣なのです。
成功すれば良し、きっと読者は魅せられるでしょう。
失敗すれば……もしかしたら二度と読まないかもしれません。

そして、たいていの場合は失敗に終わるのです。

もちろん成功することもありますが、
それよりもこだわるべき部分があるのではないでしょうか?

■コピーを考える時は、

たったその一文ですらその文章や創作物の価値を左右する

ということを忘れないでください。

:----------------------------------------------------------:
○新作サウンドノベル情報
:----------------------------------------------------------:

■大変長らくお待たせしております。
1年と3か月ぶりに、新作の発表です。

……新作の発表というか。
前に発表してお蔵入りになりそうだったものが、
なんとか形になりそうだから発表するというか(爆)

タイトルは「ひらり、はらり。」

ほら、見たことあるって人、絶対いる!
いると思います! (どっかのお笑い芸人風味★)

……しつこくでごめんなさい。

今回は実はアナザーエピソードとか考えていたのですが、
まぁ、紆余曲折ありまして、
それはWeb媒体で載せよう!とかという流れになりました。

なので本編のみ、サウンドノベル形式でお送りします!
アナザーエピソードはそのあとにひっそりと載せてゆきます(笑)

お楽しみに!

:----------------------------------------------------------:

本当に不定期ですね。
だからいいのです!

いろいろとネタを仕入れていきたいと思っております。
こんなもの書いて!という方も
お気軽にメールか何かでご連絡ください。

RSSにご登録ください

RSS Feed RSS - 投稿

-雑記

Copyright© 【羽根の舞う空】サウンドノベル(ビジュアルノベル)とオリジナル小説 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.