過去記事:はねまがVol.4

更新日:

■『HANEMAI MAGAZINE』通称『はねまが』は
 『 読んでいただいているすべての人を応援しよう 』
 というコンセプトのもと配信されているメールマガジンです。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



|| <久遠寺蒼の呟き>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


■こんにちは、久遠寺です。

 一週間、空いてしまいまして、ごめんなさい。

 PCの前にいられないような状態だったためです……。
 小さいことでも、
 これからは毎週アップできるように努めたいと思います。

 どうぞこれからも、よろしくお願いします。



|| <今回のトピック>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 ◎モチベーションについて(その4)
 ○夢について



:----------------------------------------------------------:
   ◎モチベーションについて(その4)
:----------------------------------------------------------:



■前回までにおいて、モチベーションをあげるには

 【 5つのステップ 】

 があることを紹介てきました。

  ●明確な目標を持つ

  ●モチベーションを高める素材を見つける

  ●自信を持つ

  ●とにかく行動を起こす

  ●限界を知る


◇今回はこれらの事柄を生かす方法の一つ、


 【誉めること】


 について紹介したいと思います!


■誉めるということ、

 これほどモチベーションや意識を
 高めることのできる手段はないでしょう。

 誉められると、
 自信ややる気がでてきます。
 これからの
 未来へのビジョンを描きやすくもなります。


◇ただ、

 闇雲に誉めればいい、
 というものでもありません。

 自分や相手の心に響くものでなくては、
 いけません。


■よくある誉め方の一例です。


  ●今回はすごく良かった。成功したね。
   でも こうすればもっとよくなったかもね。


 いかがですか?
 どこかで聞いたことはありませんか?


◇上のような誉め方をされて、
 貴方は気持ちよく喜べますか?












 きっと、
 素直に喜べないと思います。


◇人間の心として、
 喜ぶ時はとことん喜びたくなるものです。

 そこには、
 自分への讃美ややる気を損なう要素は
 含まれてはいけないのです。

 もしも反省をしたいのであれば、
 それはとことん喜び終わった後に
 すればいいのです。

 さすがに、
 その時間すら無い、
 というような状況はあまりないでしょう。


◇さらに言うと、

 自分より立場が上の人間は、
 最終的には批判をするものだ、

 と心のどこかで思っている節があると思います。

 欲求にも繋がってくるのですが、
 『認められたい』と思う気持ちは、
 相手が簡単に認めてくれない、
 という認識の上に成り立つ欲求なのです。


◇とは言っても、

 やはり反省したり、
 訓示を与えなければいけない、
 そんな場面は出てきます。

 それでも、
 誉める時には素直に誉めてあげましょう。


■この、
 誉める時のポイントを


 4つ


 紹介したいと思います。


■1つ目。


 【 本気で誉めていることを具体的に示しましょう 】


◇『良かったよ』の一言だけで、
 貴方は相手が本気で誉めていると思いますか?

 おそらく、思いません。

 なぜなら、

  ●自分の活躍を見たのか判断できない

  ●誉めているのか皮肉なのか分からない

 からです。


◇つまり、

 その誉め言葉を信じることができない

 のです。


 その誉め言葉を信じさせるのは、
 いたって簡単です。

 具体的に示せばいいのです。


  ●良かったから、次も頼む。

  ●良かったので、他でもよろしく。


 のように、
 次もあるぞ、
 将来また頼むかもしれない、
 というニュアンスを与えてあげると
 信憑性が増します。


◇個人的な意見ですが、

 今までの君では考えられないくらい~

 というくだりの誉め方は
 避けた方が無難だと思います。

 それはつまり、
 ある意味で、
 過去の相手を否定していることに繋がります。


 誉める時はとことん誉める。


 否定の意味合いを持つ単語は、
 使用を控えた方が効果があると思います。


■2つ目。


 【 なぜ良いと思うのか具体的に説明しましょう 】


◇相手が誉め言葉を信じたとして、
 次に相手が思うのは、

 なぜ誉め言葉をかけてくれるのかが分からない

 です。
 もう一つ言えば、

 なぜ誉めるのかが分からない

 ということです。


◇人間の抱く恐怖は二つあります。
 一つは失敗に対する恐怖、
 もう一つは成功に対する恐怖、
 です。

 これに関しては、
 次号で詳しく説明します。


◇自分の活動に対して、
 自信があまり無かったり、
 不安に思っている人に対する賛辞は、

 時に相手を混乱させる場合があります。

 ですので、


  ●どこが良かったのか、

  ●どういうところが評価できたのか、


 をきちんと相手に説明してあげましょう。

 そうすれば、
 どこが評価されたのか理解できるので、
 相手もほっと胸を撫で下ろすと思います。


■3つ目。


 【 相手の能力が成功に導いたことを示しましょう 】


◇自分の成功は、
 時の運や偶然で成功したんだ、
 と思っている人は多いです。

 身に覚えはありませんか?

 本気で思っていなくても、
 謙遜する時にそんな言葉を使っていませんか?

 たまたまだよ、
 タイミングが良かったんだよ、
 なんて言葉、口にしたことはありませんか?


◇私が常々思っていることは、

 運も実力のうち

 ということわざです。
 これは本当だと思います。

 じゃあ運の無い人はダメダメなんだね!
 なんて、落ち込まないでくださいね。

 ここでは軽く書きますが、
 運での成功だと思ったことは、
 実は経験や理論における、
 何かしらの無意識反応があったからこそ、
 成功したのだ、と思っています。


◇かと言って、
 そんな理屈っぽいことを
 誉める場面で言ってもしょうがありません。

 上のことだって、
 要約すれば、

 それは運じゃなくて実力なんだよ!

 ということになるのです。


 だからそこを誉めてあげてください。


  ●着眼点が良かったよ。

  ●誰も考えなかったことを
   思いついたのがすごかった。

 などなど。
 もっと誉めれば、
 君は○○の才能がある!
 なんて言っちゃってもいいかもしれません。

 本当にそう思ったのなら、
 出し惜しみするのは、
 かえって損になる場合があります。


■4つ目。


 【 埋もれている才能と自信に気づかせましょう 】


◇上に書いた、
 運も実力のうちうんたら
 に繋がってくるのですが、

 相手の潜在能力を引き出してやるのも、
 一つの誉めパワーです。

 気づいていなかった能力を挙げ、
 それをとことん誉めましょう。

 相手は最初びっくりすると思いますが、
 うまく誉められたのなら、
 きっとその気になると思います。

 やる気やモチベーションもあがるでしょう。


  ●君の批評を見て、
   写真家としての力があると感じたよ。

  ●今回のような力を発揮していけば、
   きっと一流になれると思うよ。


■これできっと、

 説教くさい人

 から、

 親しみのある人

 に変われると思いますよ!(笑)


◇相手がもしもやる気が無くなっていたり、
 自信をなくしていたら、
 上手に誉めて、
 その内面に秘めた炎を燃え上がらせてあげましょう。




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━はねまが━━━
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃                              
┃ <誉めるということ>                     
┃                              
┃     ●誉める時に気をつけることは、           
┃       闇雲に誉めればいいわけではない、ということである。
┃                              
┃   ●誉める時にはとことん誉め、                 
┃    反省したりするのはその後にするのが良い。      
┃                              
┃    ●うまく誉める時には、                     
┃    4つのポイントがある。              
┃                              
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




■次号は、
 知っておくとためになる、

 【失敗に対する恐怖、成功に対する恐怖】

 について紹介します。



【参考図書】

  駆け出しマネージャーアレックスのモチベーションに挑む

     ダイヤモンド社(版) マックス・ランズバーグ(著)



:----------------------------------------------------------:
   ○夢について
:----------------------------------------------------------:


■先日、母に茶道を習っていた時のこと。

 『夢』という言葉についての、
 興味深い文章を教えてくれたので、
 抜粋しつつ紹介したいと思います。

 普段思っている『夢』とは、
 ちょっと違う意味合いを知ることができますよ。


■人々は、


 『夢』


 の一字にいろいろな意味を持たせて使っています。

  ●今の若い者には、どうも夢がない。

 という場合では、
 未来や希望という意味で使われます。


◇禅者はこの意味で、
 夢という言葉を使わないそうです。

 もちろん寝ている時に見る夢の意味でもありません。


■かの有名な、
 織田信長の「敦盛」という舞に出てくる
 有名な言葉をご存知でしょうか。


 『人間五十年
  下天の内をくらぶれば
  夢幻のごとくなり』


 これは信長公記の一節として登場します。
 また、「敦盛」は平家物語の一部です。


 禅者が用いる夢とは、
 まさしくこの夢――畢竟夢のことを指すのです。


■畢竟夢の「畢竟」とは、

 【 最終的には一つの結論に達すること 】

 という意味です。

 つまり、
 生を受けたものは必ず滅びる、
 人間はいつかは死ぬんだ、
 という意味になります。

 それはどんなに理論立てしたとしても、
 覆すことのできない『事実』なのです。

 そして、一度しかありません。


◇人は生物の本能として『死』を恐怖の対象とし、
 自分の死を考えたがらないものです。

 でも回避することはできない。

 だったら、
 この『死』から目をそらさず、
 まともに向き合ってこの事実を認め、

 その上で生きがいのある生き方をしよう、

 というのが叡智ある人の生き方である、
 と禅者はしています。


■平安時代後期の貴族の考え方をご存知ですか?

 だんだん生活が苦しくなってきた貴族は、
 こう考えます。


  ▽所詮、現の世界は仮の世である。

  ▼死後の世界、来世こそが真の世である。


 という来世主義の生き方をします。
 極楽浄土の考えですね。

 法然が開祖の「浄土宗」も、
 ちょうどこの頃にひろがりはじめます。


 戦国時代の人たちの考えはどうでしょう。


  ▽どうせ人生は短い。

  ▼欲望のままに、
   おもしろおかしく暮らすのが良い。


 という享楽主義の生き方を結論づけます。


 上でも挙げた織田信長らは、


  ▽どうせ一度は死ぬのだ。

  ▼だったら後世に名の残ることをしよう。


 という冒険主義的な考え方をしました。


 ただこれら3つは、
 禅者の考え方の視点に立つと、
 正しい結論と断定することはできません。


■禅者の考えとしては、

 人間はいつか死ぬからこそ、
 生きていることが貴いのである、

 としています。

 だからこそ、
 今日一日、唯今の一刹那を大切にし、
 悔いなく力いっぱいに生きよう、
 と思おう、というわけです。

 これが、
 「夢」の一字から帰結さるべき、
 正しい生き方なのだといいます。


■お茶の世界では、
 「一期一会」という言葉が大切にされています。

  ●同じ茶席に着いた人と、
   もう二度と会わないかもしれない。

  ●この素晴らしい茶器を、
   もう二度とお目にかかれないかもしれない。

 だからこそ、
 この出会いを大切にしよう、
 というのが一期一会の意味になります。

 この考え方も、
 禅者の生き方の上に立ってこそ
 成り立つものでしょう。


◇敦盛の一節は、

  ●人生は五十年しかないんだ……儚いなあ。

 と思うだけでなく、

  ●五十年しかないのだから大切に生きるぞ!

 という意味も込められているのかもしれませんね。

RSSにご登録ください

RSS Feed RSS - 投稿

-雑記

Copyright© 【羽根の舞う空】サウンドノベル(ビジュアルノベル)とオリジナル小説 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.